ブラックチタンの実印で新たに身が引き締まります。

引越しを機会に実印を作り直した際、今回はブラックチタンで実印を作りました
1番の理由としては、以前使っていた素材はメノウだったのですが、やっぱり石なので割れないかなと若干ヒヤヒヤしていて、人に預けたり持ってきてというのが簡単に言いにくかったので、耐久性の高いチタンを選びました。実印なんて大事に扱うものなので、そんな乱雑に扱って割れるというようなことはないとは思うのですがなんとなくそんな懸念があったこともあってか、リニューアルを決意しました。
そして、チタンに決めた決め手は水洗い可能という点です。
ハンコを水洗いするなんてこと考えたことがなかったのですが、購入を検討している頃材質を比較して色々調べていたところ、汚れが気になれば水洗いOKとの記載があり決めました。

他の材質より多少金額はかかりますが、一生使える素材だなと思ったので値段はあまり気になりませんでした。
いざ、デザインを決めて実印登録に行く際、初めて押してみたら、全然違う!と感じました。繊細な印影でとても見やすく、押しやすいのです。その押しやすさといったら、ハンコを押すのが苦手な私だったので感激でした。押すときに失敗も多分少ないと思います。

印鑑登録の後、法的書類に実印を押印する機会もあったのですが、割印もしやすいし、重厚なつくりで高級感が出ているので存在感もありますし、押すときに程よい緊張感が生まれて満足です。
ひとつ欠点を挙げるとしたら、今回ブラックチタンにしたため、手に脂がついていると指紋がついてしまうことです。やはり実印を押すときというのはある程度緊張感のあるときですので、手に脂もついていると思います。そして更に、しっかり握るので余計に指紋がつきやすく、黒なのでその指紋が目立ってしまいます。
しかし、それも水洗いできるし、アルコールウェットティッシュで拭いても問題ないので拭けば綺麗に取れますし、逆に常に綺麗に実印を保つきっかけになってより大切に出来るかなとポジティブに考えています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする